あの日の肩たたき

毎月 JAFから届く小冊子

EDE_3607.jpg

2~3日手近に置いて3~4回パラパラ
楽しみにしてるページがありました 

見開きの目次のページの
星野富弘さんの詩と絵 それが

今月号で最終回だとか

EDE_3608.jpg

最後は私が一番好きな詩でした 
母親の顔が見たくなりました

雨の合間に妻の実家の墓参り 
母親が世話になってる施設はすぐ近く

寄る?
いや やめとく
なんでぇ 顔 見ておいでよ
・・・
見ておいでって 大勢で行ったらあかんねやったら私車で待っとくし


居眠りしてました

DSC_1210[12395448]

スタッフさんに起こされて

DSC_1217[12395449]

遠くから見るだけのつもりでしたが 
横に椅子を用意してもらったし 
私に気が付いた母親がこっちおいでと手招きするし

DSC_1220[12395447]

私が誰だかわかっていませんでした ただ 顔を知ってる人・・・以前は 名前が出てこなくても言えば思い出したのですが 私が末の子どもだとわかったのですが 機嫌はよくてカラカラ笑って あんたが来てくれたらいちばんうれしいわ と言ったあとで隣の人に この人は東郷平八郎 と言ったかと思うと 楠木正成さんや

痛いとこあるか
どっこも
しんどいとこは

なーんも 私元気やで

だったらそれがいちばん このあと 
手をピシャリと叩かれました

折悪しく食事が始まる時間 長居は無用です

DSC_1228a.jpg

まだ帰らんとってぇな あんたが帰ってしもたら淋しいがな 
はよここ座り これブドウや 食べ


実は 長い間母親に会いに来ていませんでした このことで
なんで行かへんの? と妻と言い合いになったこともありました

妻とふたり ときには娘も一緒に来ていたころ
笑いながらおしゃべりしながら 母親の
ちょっとした表情 目の奥の光に気が付いていました

(機嫌が悪くなってる 怒っている)

やがて 場の空気がトゲトゲしてきて

(あかん 帰ろ)

私たちは帰ればそれでいいけど 
そのあと母親が荒れてはいないか 
スタッフさんに迷惑がかかっていないか 

そんな気がして だったら
行かないほうがいいのかも・・・
そんなことも思ってたある日

あんたらがいっぱいで行ったら 帰ったあとおばあちゃんが滅茶苦茶になって大変らしい だから 行くのはちょっと考えたほうがいい

そんな便りが風に乗って届いて

そうかぁ やっぱりそうやったか・・・

もしかしたらそうかもと思ってたことが
はっきりそうだったとわかってしまった

自分だけがいいつもりで
自分等だけがいいことしてるつもりで

実は周りに迷惑をかけていた
誰も喜んではいなかった ただただ
ひとりよがり 大きな迷惑

来るなと言われたら行きたくなるもの
会えないとなったら顔が見たくなるもの

そんな想いは募るけど
行きたくないふりして思わないふりして
ここ数ヶ月 足が遠のいていました

母親は肩凝りがひどく 夕食のあと
テレビを観ながら揉まされたもの

京塚昌子のドラマを観ながら どっちが肥えとる? と訊かれたもの 三浦友和を見てこんな息子がおったらなーなんて言うから 僕やって池内淳子みたいなお母さんが欲しいわと言い返したもの

ああ 気持ちええわぁ
あんたがいちばん上手やわぁ

誉められるのがうれしくて
母親の厚い肩はかちこちで
指は痛くなるし手はダルくなるし
使う筋肉を順繰りに変えて
つまんだり押さえたり叩いたり

あー 楽になったわ もーえーわ

エレベーターに向かう私をじーっと目で追う母親
扉が閉まるころには何があったか誰が来たか
きっと何も覚えていないでしょう

何も覚えていないながら
胸は何やらざわついているはず

お願いします よろしくお願いしますと
何度も頭を下げてお願いをして2階から1階へ

エレベーターに乗ってる間だけ泣きました
妻が待ってる車に向かいながら

何も起きていませんように
穏やかに笑っていますように

学校から帰ると母親は
いつも田んぼの中にいました

おかーちゃん お腹空いた
そーかー ちょっと待っときよ

あっという間にまるで魔法のように
食べるものを作ってくれました

賢くて優しくて怒ったら怖い
世界一のお母ちゃんが
私のことがわからなくなってしまいました





ワタチも肩たたいたろかー

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
にほんブログ村




星野富弘

昭和21年群馬県に生まれ群馬大学教育学部を卒業し、高崎の中学校に体育教師として赴任しました。 24歳の時(1970年) 体操の模範演技の時、首から落ちて首の骨が折れてしまいました。 9年間の病院生活の後、不治のまま退院しました。 彼は首から下の自由を失い、手足は二度と動く事はありませんでした。 やがて 手も足も全く動かない絶望の淵で、僅かに動く口に筆をくわえ詩や絵を描き始め、今では多くの詩画を通して命の尊さや優しさを表現し私達に感動を与えてくれています。 なぜ花の絵が多いかと言うと、ベッドの上で身体を横にして描くから、顔の前十センチのところにスケッチブックを壁のように立てなければならず そうすると首からしたが動かないために どうしても見える範囲も限られ小さな花、お見舞いにもらった花を一輪しか描けなかったのだそうです。

星野富弘 著 “鈴の鳴る道” “花よりも小さく” “速さのちがう時計”より
 
スポンサーサイト

テーマ : かわいい♪コーギー
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

コメントありがとうございます~♪

v-22 幸ママさん
心を寄せていただいてありがとうございます。
みんな思うことはいっしょですね。
できるだけ顔を見せたいと思います。

私は夫の父も自分の父もできるだけ会いに行ってました。
後悔したくないからという思いもあったし…
でもそれができる環境だったからこそです。
みんな思うようにはいきませんね。
温かいコメントありがとうございます♪

v-22 きなこまめさん
こんな風に言っていただいて…夫も救われます。
涙もがまんしなくていいなぁと思うこの頃です。
いつも応援していただいてありがとうございます。

v-22 おこりんぼ母ちゃんさん
身内の私でさえそうなんですから…
忙しい毎日でしょうが、大事な親のこと、立ち止まって考えないとね~
私も大事にします。

v-22 なえちゃんさん
夫はよくわかってるんだと思います。
頭でいろいろ考えすぎてるのかもですね。
わかってるからこそ、話をするのもしにくくて…
大人って子供みたいに突っ走れないんですね~

どんなにしててもきっと同じようなことを思うのでしょうね。
みんな自分の生活も忙しくて…
きっと親はわかってくれていると、私は思います。

v-22 としこさん
長い結婚生活、いろいろありましたが、たいてい頭で考える
夫についていったら間違いはなかったんですよね~
頭で考えてはいますが、固いのではなくて優しいので
私も迷ってしまいます。

でもこれではやっぱり悲しすぎますよね。
夫もいろんなコメントいただいて、また考えているようです。
きっと自分の気持ちに正直に…会いに行くと思います。

v-22 キャサリンさん
まだまだお母様と対等にケンカもできて、いい関係ですね。
お母様が自我が強いとは思いませんでしたが…(笑)
賢いお母様、娘のこと思ってこその言葉なんでしょうね~
いくつになっても子供のことが心配な親の気持ちもわかるし
もう私は立派な大人やから…
って思ってるキャサリンさんの気持ちもまたよくわかります。

なかなか素直になれないですよね。
私も母に偉そうな口たたいたりして、自己嫌悪です。

週末一緒に過ごしていろんなところにお出かけされてる
キャサリンさん親子…私にはまぶしいですよ。
お遍路に行くこともコギズとのお出かけもいっぱい楽しんでくださいね。
結婚してなおこんな風に過ごせるって幸せだなぁって思います。
我が家の娘はきっと離れて行くだろうなぁ~~

v-22 リリィパパ、ママさん
この前のコメント、よく覚えています。

お年寄りは突然体調を崩したり、思わぬことが起こりますね。
お母様、急なことでたいへんでしたね。
おしりをビシビシたたいて(笑)
その気持ちよくわかります。
私も同じようなことをして言って、時には言い合いにもなりました。
今の母の施設はとても行きやすいところにあるので
通るたび、二人で無言で心の中がザワザワでした。

きっと私以外の人の言葉に、何か思うことがあるはず。
私もわからなくても、喜んでくれるってすごいって思うんです。
家族以外に母だけに会いに行ってくれる人はいないですから…
今を大事にしないとって思います。

わぁ~よく似た年代の私たちですね~(笑)
住んでいるところこそ違いますが…
私たちも新婚旅行は北海道でした!

v-22 ののたんとおいたんさん
会いに行くこと、大事ですね。
わからない母に会いに行くことは、寂しいことですが
夫にとってはそれより思うことがあるようです。

人が大好きで話をするのも大好きな母ですから
会いに行くときっと喜んでくれるでしょう。
これくらいのわがままは許されると私は思います。

v-22 みえっちさん
お母様の気持ちよくわかります。
きっと忙しくしてる娘のこと、ちゃんと気遣って
私のことはいいから、っておっしゃってたのだと思います。
苦しんでる親の姿、見たくないみえっちさんの気持ち
よくわかります。
私も父が亡くなった時、やっと楽になれた、って思ってしまいました。
余りにしんどそうでそれを見るのはとても辛かったから。

親の後姿で老いを感じて・・・
なんとなくそれを認めたくなくて・・・
みんな行く道ですから、ちゃんと受け入れないとね。

いつも笑顔の母に会いに行きますね!

No title

母や父にとっては、息子・娘はいくつになっても子供なんですよね。

3年前、母が体調を崩して、その後入院して、そして、3年前の12月25日に天国へ行ってしまいました。

でも、私は母が亡くなる2日前にお見舞いに行っただけでした。
その時、「美恵子、今忙しいのやろ? 身体気をつけてな」ってか細い声で言ってくれました。
いつも元気な母の弱っている姿を見たくなくて、たぶん顔を見せにけなかったんですよね。
少し後悔しています。  でも、苦しそうな母を見なくてよかったと思う気持ちもあります。   複雑です・・・

母は、さみしかったのかな?  だから、2年後の同じ日(12月25日)にジュークを連れてってしまいました。

おとーしゃん、会いに行けるのならできるだけ行ってあげてください。

あんなに素敵な笑顔を見せてくれるんですから・・・

辛いかもしれないけど、ちゃんとお母様はわかってくださってますよ。
いつまでも、かわいいわが子ですから・・・
まだまだ、幼い時のわが息子のまんまなんですから・・・

すみません。
なんだか、えらそうなこと言っちゃって。

No title

あずき父さん、、、色々な思い 伝わってきました。。。

いちばん大切な事は、
あずき父さんがお母様に逢いに行かれることだと思います!!

あずき父さんがお母様を忘れなければ
思いや気持ちは通じていると信じてます!!

顔や名前や末っ子も、
お母様の 心の引き出しにはちゃんと入ってますから!!

若輩者が大それた事を言って、すみません。。。

No title

あずきパパさん

お久しぶりです。
昨年10月の「おかあちゃんと見たイワシ雲」以来、1年ぶりのコメント
です。
だんだん、年老いていく母の姿を見るのは辛いですよね。
私も、その姿を見るのが悲しくて、施設に行くのは、気が進まなくていたものです。
今は「こんな息子でごめん」と、写真の母に語りかけながら、家族とコーギー2匹とネコ1匹と暮らしています。

        リリィパパ

あずきママさん

お久しぶりです。
1年前のコメントから数日後、主人の母は体調をくずし、施設から病院
へ入院。
その1ヶ月後、天国へ旅立ちました。
主人が施設へ行くのを、しぶっていた時、私は主人のおしりをビシビシ
たたいて、夫婦で、時には娘と息子を連れて、面会に行きました。

相手が誰だかわからなくても、5分たったら忘れてしまっても・・・
お母さんの顔を見られる、お母さんの声を聞けるのは、今だけです。
どうか、お母さんとの時間を大切になさってください。

ちなみに・・・
私たち夫婦、結婚して31年。
新婚旅行は、北海道でした。
コーギー2匹  リリィ(女の子・12歳)
          ひまわり(女の子・3歳)
ネコ1匹     さつき(男の子・6歳)
東京都在住・・・と言っても限りなく埼玉に近いです。

これからも、ブログ楽しみにしています。

      リリィママ

あずき父さま

心に染みます。
些細な事で大人げもなく母親とけんかをします。どちらも自我が強いので謝ることも出来なくそのままになっております。不出来な娘なので母親には心配をかけっぱなし…なのに謝れません。親不孝とわかっていても甘えている自分がいます。
辛い時一番わかってくれた母。
私は母の事がわかる。いやわかっているつもり…なのにどうして母親を労ることが出来ないんだろう。
自己嫌悪中なキャサリンです。

仕事の事で疲れているのでしょうか…

うさぎの育犬が落ち着いたらまた母とお遍路に行きたいです。母は私とお遍路に行く事を楽しみに待っているので…っていうより今はコギまみれのほうが幸せそうな感じがしますが(^^)

あずき父さん☆お母さまに会いに行ってあげてくださいね♪




そうでしょうか?

お母様に会いに行ってあげて下さい。あなたが顔見たいなって思ったら、明日行ってあげてください。帰った後に寂しくてちょっと困った感じになったとしても、お母様は会いに来た息子や嫁や孫に感謝していると思います。帰り際、また遊びにくるからねって。誰なのかわからなくなったとしても、顔を見に行けないなんて悲しすぎます。あずき一家のみなさんだから、なおさらお母様に顔を見せてあげてほしいです。

No title

おとうしゃん、涙が止まりません。
後で後悔しないように、あの時・・・と思っても時間は戻りませんから今のうちにお母様に逢いに行ってあげてください。

震災の翌月に母を亡くしました。
生きているうちに、もっとあれもこれもしてあげればよかったとか、色々話を聴いておけば良かったとか今になって思います。



No title

記事を読みながら
涙がぼろぼろ止まりません。
週末、実家に行こうと思います。

いつも拝読させて頂いています。
あずきパパ、素敵です!
素敵過ぎます‼
気持ちのいい暖かい涙が流れます。

No title

目頭があつくなります
大切な大切なお母様
私 個人の意見といたしましては
できるだけお顔をおみせにいかれてください。
私のは母九年前に病気で他界しました
今でも、もっとあーしてあげればよかったなど後悔ばかりです。
お顔をおみせにいかれて下さいね。
差し出がましいことを言ってすみません。
プロフィール

あずき家

Author:あずき家

岡山県生まれ
リトル・エルフ・ケネル出身
両親はキッドと真珠 
今は兵庫県の南の方
ドッグランが大好きな
超お転婆コーギーです
2014年6月4男5女を出産
長女のふぅ四女のひなと
賑やかで大騒ぎの楽しい毎日

明日も来てなー    応援してよーっ
いくつになったの?
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事+コメント
あずきのお友達    短縮して(*_ _)ゴメンヨゥ...
月別アーカイブ
カテゴリ
PV
性格傾向診断
バイオリズム診断ブログパーツ
メールフォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ご来訪多謝
ケンミンショー!!

ジオターゲティング