ふぅが入院しました

今夜はふぅがいません 病院で一泊です
何か病気・・・ではありません 足は順調に回復しています

DSC_0488.jpg

DSC_0490.jpg

2009年の6月 生後2ヵ月で我が家に来たあずき
あずきはほんとに面白い犬で私たちは可愛くて可愛くて

避妊手術は諸々あずきのためと知っていました
私たちも何かと楽とわかっていました が

あずきをあずきだけで終わらせるのはもったいない
なんとか あずきの血を引く子を残せないか
ここで何度も書いてきましたが 私たちは

あずきをお母さんにしてやりたいと思い
実り豊かな命を全うさせてやりたいと思い
あずきの子どもに会ってみたいと思い

あれこれとぐずぐずとするうちにヒートが来てしまって
迷って迷って そして去年 ついに・・・

さて 
ふぅはどうするか

去年の6月以降お届けしてきました子育て戦争
皆さんの目には大変そうに映っていたかもしれませんが

私たちにはそれは楽しく あっという間の
今となってはまるで夢を見ていたような

けれど あれをもう一回やるとなったら
それはちょっと考えられないかなと それは

もう二度と御免 ということではなく 
あの一回で充分 あの一回限りを良い思い出に
このあたり おわかりいただけるかどうか

それと もうひとつ大きな理由は
私たちの気力体力 つまりは年齢

あずきとふぅとひな そこにふぅの子ども・・・
チワワやトイプーならまだしもコーギー しかもあずきの血

無理です

というわけで 今日から一日入院で避妊の手術
ふぅには何かと良いことなはず わたしたちも楽になるはず

だけど です
やっぱりだけど なのです
頭ではよーくわかっているのです 

だけど
やっぱり

せっかく健康な犬に生まれてきたのに
そのからだにメスを入れること 
子どもが産めないからだにしてしまうこと

ただでさえ足の怪我でバリケードで閉じ込めたまま
遊びたい盛りのふぅがなんだか私は可哀想で

DDQ_4871.jpg

リハビリ散歩の気配を察すればそれはうれしそうに
待ちきれなくて立ち上がってない尻尾をコキコキ振って

DDQ_4864.jpg

無垢で一途でただひたすらに私を信じているのに
ほんとにいいのか こんなことほんとにいいのか

どこにでもある話なのに誰でもやってることなのに 
いいおっさんが なんで私だけが引っ掛かっているのか

頭ではよーくわかっているのに
チクチクとなにかが胸を刺します





ひなはこのふぅのバリケンがお気に入り
入院で留守なのをいいことに・・・

ふぅは明日10時に迎えに行きます 帰ってきたら
いっぱい撫でてやりましょう ずーっと抱いててやりましょう
美味しいフードと山羊ミルクでお腹いっぱいにしてやりましょう

この時間 もう手術は終わっています
えらかったなーと誉めてやってほしいです

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
にほんブログ村
 



追伸

昨夜の記事が原因で妻からブツクサ言われている私です
そらそうやわ あんな画像載せられたら誰でも怒るわ
と思われたでしょうか 違います 
今や妻の小言のタネはこちら 但し本文ではなくコメント欄

白くて とか きれいなおみ足 とか 言うてもらってるのに
こっちは うーわー とか 痛そう とか 青タンやら内出血やら (笑)
きれいな足やなんてだーれも言うてくれへんやんかーっ


とこのままアップするつもりでしたが
どうやらくるみママさんにはテレパシーが届いたらしく
お誉め頂いて妻の機嫌もちょいと軟化でめでたし

 
スポンサーサイト

テーマ : かわいい♪コーギー
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

コメントありがとうございます♪

v-22 幸美さん
はい。ふぅ手術完了しました。
無事終わって帰ってきてホッとしています。

駒子ちゃん、7歳でしたか。
年を重ねていると心配は倍増しますよね。
ふぅも検査はしましたが、きっと内容は違ったんでしょうね。
お互いに無事終わってよかったです。
年がいっしょでも、それぞれでしょうから、富士子ちゃんには富士子ちゃんに適した時期などあるんでしょう。
うちもひなはまだ今は時期じゃないと思っています。
コーギーくんも・・・悩みますね。
お気持ちとってもよくわかります!

v-22 幸ママさん
ワンコとの生活・・・楽しいことも多いけれど責任も大きいですね。
我が家は、あずきのおかげでとても貴重な経験ができました。
ブリーダーさんのところには、あずきの子、パールが居ます。
きっとあずきの血がつながっていく・・・
おかげで、ふぅは、早くに決断できた気がします。

幸ちゃん・・・病気があったんですね~
いろいろと辛い思いをされたことでしょう。
でも、その時々にママさんのご家族が決断されてきたことで
今の元気な幸ちゃんが居るんだと思います。
また、幸ちゃんのこと、ぜひコメント欄でお話くださいね。
楽しみに待ってます♪

v-22 みえっちさん
みえっちさんちもそうでしたよね~
悩みますよね!

あれあれ・・・太りすぎ!でしたか・・・
他人事とは思えない私(大汗)
人の手術でも太りすぎだと麻酔の効きが悪いとか聞きますが
ワンコでもそういうことなんでしょうか。
それにしても・・・
覚めないかもしれません・・・なんて恐ろしいこと言われたんですか?
無事終わってほんとによかったね。

ふぅ・・・いっぱい甘えてましたが、さすがに疲れたのか良く寝ます。

v-22 あんこかあしゃんさん
私もそう思います。
ウチはあずきの時、避妊しないことを選びましたが、今回ふぅでは
手術することにしました。
その時々の家族の形や事情・・・変わってきますよね。
一緒に暮らすワンコの生涯に責任を持つのは飼い主ですから
飼い主が決めたらいいとそう思うのです。

もう~~こちらこそ申し訳ありません!
私・・・そんなお小言よう言いませんから~
モコお母さん、足きれいやわ~さすがにそんなコメントが入ってるで、
私なんてお笑いもええとこやわ~ケラケラ
と笑って話したはずやのに何であんな記事になるんだか・・・(笑)
お気遣いいただいてほんとに申し訳ありませんでした!

傷はそれほどでもなかったんですが、打ち身がひどくなってきました。
のんびりがんばります。
ありがとうございました。

v-22 華ママさん
びっくりしたわ~~ほんとに!
誰も見てへんか・・・って高速のSAやからもう人だらけ・・・
確認もできず、大慌てでササ~っと立ち去ったからね。
おばさんがコギ2匹連れてるだけでも、まぁまぁ目立ったかもやのに、
目の前で派手にこけたら・・・私やったら笑うわ!
それが普通の反応やんね~

華ママもいろいろやらかしてるみたいで
・・・お互いにまだまだがんばらなね!
膝?まだまだって(大汗)
これはほんまに載せたらあかん・・・参った!!

ふぅの手術・・・いろいろ考えてこれこそふぅのためと決めました。
あずきの血は・・・エルフに帰ったパールがきっとつないでくれる!
おかげで早くに決断できたよ。
ママさんの言うとおりやわ。
あずきの時にはまったく違った決断をしたけれど
選んだ道が最善なんやと思う。
それぞれのウチの形があっていいんよね。
ふぅは、穏やかにいい顔して帰ってきてくれました♪

v-22 もっちゃんさん
そうですね~悩みますね。

もっちゃんさんところ、ななちゃんとりんちゃん・・・
それぞれの思いがあるんですね。
私もあずきには子どもを生ませる選択をして、ふぅには手術・・・
どちらも考えた末に決めたことなんで、これでいいと思っています。
勝手かも知れないけれど、ヒトと生きていくイヌですから
飼い主が責任を持って決めたらいいんですよね。

りんちゃんの相談の時に言われた獣医さんの言葉・・・
なんか夫に該当しそうです。
私が割りと積極的にふぅの手術の話を進めたのと対照的に・・・
なんかすっきりしないようでした。
先代犬の去勢をどうするかの時にも、あれこれ言ってました(笑)
いざとなると、やっぱり女性はドライなんでしょうか。

後は術後のふぅの様子に気をつけてやりたいと思います。
ありがとうございました。

v-22 おはぎ母さん
お気持ちとってもよくわかります。
あずきの時も悩み続けてできませんでした。
それぞれの家庭で悩みぬいてのことですから・・・
リスクが高いとはいえ、そういった病気とは無縁のコもいますし。

おはぎちゃん、愛情いっぱいできっと長生きしてくれますね。
ふぅは元気に帰ってきてくれました。
穏やかな顔を見てほっとしました。

v-22 ともさん
お騒がせなタイトルで申し訳ないです~!

避妊去勢・・・その通りですね。
この話題になると正解はないのかと思います。
それぞれの家庭で悩みぬいての結論・・・それでいいんでしょう。

我が家はあずきの子がブリーダーさんのところにいるので
きっとあずきの血がつながっていくだろうなぁと思います。
おかげでふぅの決断も早くにできました。
ふぅ、手術を終えて、元気に穏やかに帰ってきてくれました。

v-22 なえちゃんさん
お騒がせなタイトルでごめんなさいです~
ラブちゃん・・・元気な13歳、うらやましいです。
そんな風に年を重ねられたらいいですね。

猫ちゃんは去勢済みですか~
猫ちゃんの恋の季節は声でわかりますね。
せつなそうです~~
猫ちゃんも去勢すると太りやすくなるのかな?
ダイエットはたいへんでしょう!
みんなそれぞれ毎日過ごしやすいように考えてやれたらいいですね!

v-22 くるみママさん
手術無事終わりました!
ご心配いただいてありがとうございました。

ふぅとあまり月齢の変わらないくるみちゃん、手術悩まれますよね。
ヒートが来る前がいいとか、1度来てからがいいとか聞きますが
我が家のかかりつけ医は、やはり前がいいとのことで決断しました。
どうやら、そろそろヒートが来そうな子宮の状態だったらしく
いい時期にできたようです。

ポメラニアンの女の子・・・大変でしたね。
ほんとに急なんだそうで、ウチはそれで何とか助かったと言う人に
避妊手術の必要性を聞きました。

追伸のお返事です♪

へへへ・・・ご機嫌だなんて!
夫はちょっと調子に乗りすぎですね。
もう開き直ってますが、これは目に毒ですから載せてはいけない画像です(大汗)

コギとの暮らしを楽しんでおられる方がなんと多いことか。
同じ犬種と暮らしているというだけで、価値観までいっしょみたいな
勝手に親近感を感じますね。
また、いろんなブログを覗いてくださいね~♪

v-22 ぴかりとーちゃんさん
お騒がせしました~!
避妊手術・・・それぞれの家庭の考え方、事情ありますもんね。

小雪ちゃんは春になんですね。
手術・・・一度にどちらもできればいいですよね。
小梅ちゃん・・・癲癇でしたね~
リスクも大きくなるでしょうし、小梅ちゃんの負担にならないように
考えておられるんでしょう。

ほんとに、どうか健やかに年を重ねてほしいとそれだけですね。
みんなどうか穏やかに長生きできますように!

タイトルを見てビックリしました。
足の調子が悪くなったのか…
避妊手術だったんですね。
悩みますよね。
うちの二人も7歳になりますが まだなんです。
別に子供を…考えてません。
病院でも先生に女の子特有な病気を回避する為にも 子供を考えてなければ…進められました。
で、小雪を春頃に手術を予定しています。避妊だけでなく乳腺腫があるため両方を…と考えてます。
小梅は癲癇があるので先生に相談しながらと考えてます。

やっぱり親としては病気にならずに長生きしてほしいと思います。

No title

タイトルを見てびっくりしました…。ふぅちゃん、どしたんだろーと。
読み進んでいくうち避妊手術だとわかり、ほっとした反面、無事におわったかなぁとちょっぴり心配。 傷が治るまでどうぞお大事に・・。
 ところであずき父様の思い、よくわかります。私だって年齢的にも、肉体的も”くるみ”が最後のわんこって思っていますから・・・。
でも病気などのリスクを取り除いて、すこしでも長く父、母様のそばでいてくれるふぅちゃんでいるためにも”手術”という決断はよかったと思います!! 
 私も、娘時代(そんなころもあったのです)に飼っていたポメラニアンの女の子が子宮蓄膿症にかかり急死し、悲しくて悲しくてなかなか立ち直れませんでした。
 が、しかし・・・。他人さまには「よかったのだ」なんてえらそうにいいながら、6か月になるくるみの避妊手術については悩んでいるところなんです。ああどうしょうと・・・。


 追伸:
 あずき母さま、少しはよくなられましたか?(傷もご機嫌も~Oh!失言、失礼いたしました。)
 でもホントいろんな方のブログがあって、同じようなケガをなさったかたもいるんだね~とビックリです。
 これをきっかけに、あずき家のお友達やらのブログをクリックしてみました!!
 まあみんなコギさんたちと楽しく過ごされてるんですね!!
 家族の平和を守るコギ様たち、バンザーイです。

No title

ふぅちゃんが入院!?
もしかして足が・・・!?と思ったら避妊手術だったのですね。
子供を望まないのなら必要なのかも。
家のラブは手術しませんでした。
至って元気で13歳を迎えています。

野良出身の猫も飼っているけれど猫は去勢手術しました。
マーキングも恋の季節も関係なし。
去勢すると太るよって獣医さんに言われたけれど、コロコロと太って約10キロ。
ダイエットさせないと!!

ふぅちゃんが入院しましたとのタイトルにびっくりしました。
足の怪我が悪化でもしたのかと思いました(>_<)

避妊、去勢手術は犬を飼ってる人なら必ず悩む問題ですよね。

健康な身体にメスを入れるのは可哀想だし、でもしなくて発症してしまう病気もあって苦しめてしまうのも辛いですもんね。

ふぅちゃん手術は辛かったね。今後の犬生を元気に長生きできるようになりますように(^^)

避妊手術ですか。悩みますよね。
うちは、6歳だけど、してないです。
病院の先生は「手術してた方が、乳腺とかの病気のリスクは低くなるし、長生きにつながる」とは言われるんですけど。
「今、元気な体にメスを・・」と迷ったまま決断できてません。ま、おはぎには長生きしてもらいますけど(^o^)
退院が待ち遠しいですね♪

No title

避妊手術悩みますよね。

我が家の柴犬のななちゃんは今年12歳になりますが避妊手術していません。

今のところ、病院で診てもらったのは、外耳炎(毎年夏になるとなってます( ;∀;) )だけで、元気です。
パピーのころに悩んだのですが、麻酔でもしものことがあるという話を聞かされたり、元気な体にメスを入れることがかわいそうで、結局できませんでした。

今年4歳になるコーギーのりんちゃんはしました。
悩んで先生に相談して・・・
その時先生が言われてたのは、飼い主さんで女の人はドライな人が多い。
逆に男の人は、元気な体に、こんなことしていいのか悩む人が多いって言われてました。

避妊手術してもしなくてもどちらにしてもしてもリスキーだし
私が最初思ったのは、人間ならこんなこと絶対しないのに
なんで人間の勝手都合で、こんなに当たり前の様に手術するんだろうって
でも人間と大きく違うのは、一生人間の扶養なしでは生きられないこと。
人間の子どものように巣立ちはしないですもんね。
人間社会の家族の一員になったら
しかたないことなんだろうなって思ったり・・・

りんちゃんもその後も何事もなく元気にしてます。

どちらにしても、真剣に悩んでもらえることが、そのこの幸せなんだろうな・・・
それぞれの家族で出された結果が、最善で間違いはないんだろうなって思います。

長文になりました。
いつもすみません(*´ω`)

No title

e-30
あずき母さん、災難やったね・・・。
痛いよりホンマ恥ずかしさが、先に立つよね。
誰もみてへんか?そればっかり気になるし・・・
華だっこしてこけたし(華守るのに、ひじ強打して腫れあがった)
車止めで足とられてこけたり、何にもないとこでこけたり・・・・
ホンマ、足腰弱ってる(笑)って落ち込むよ・・・。
あずき母さん、ひざもまだまだ大丈夫いけるよ~!!

ふぅちゃん、手術無事終わったんよね。
私も、華の避妊手術すませて、ホンマにこれでよかったのか?
ちょっと、悩んだ・・・。
出来れば子供見たかった気持ちもあったけど、
うちでは無理かな?って・・・・。
手術してもしなくても、絶対これでよかった?って思うはず。
選んだ道が、最善なんや!!って信じてます。
帰ったら、みんなに撫でられて、満足げなふぅちゃんが
見える気がする・・・。

No title

久しぶりにコメントさせて頂きます。
去勢、避妊については本当に各家庭で悩む所ですよね。でも各家庭で出た答えが、その子にとってもきっと正しい答えなのだと思います。

さてさて、私はあずきお母さんにお小言を言わせてしまった張本人でございます、すみませんf^_^;)実は、昨日記事を読ませて頂き、写真も拝見し、迷ったあげくコメントせず閉じてしまいました。同じ事を書いたら嘘っぽく聞こえるかな~と思ったからです。でも、今日は本心を。あずきお母さんも、白くて美しいおみ足ですよ。私、自分が乾燥肌で、若い頃から足の血色も悪いので、羨ましい限りです。ホントですよ、慌ててお世辞言ってる訳じゃないですよ。信じて下さいね~(*^o^*)
そして、くれぐれも、お大事になさって下さいm(_ _)m

No title

もうびっくりしました(@_@;)

入院?!  どうした!

避妊手術、安心しました。

子供を産ませたいやら、お腹にメスを入れるのがかわいそうやらで、悩んで悩んで、結局は6歳まで手術をしなかったのです。
その時は、お腹タボンタボン、太りすぎで、その上6歳という年齢のおかげで、手術前に「お腹の脂肪が多すぎるので時間がかかります。少し麻酔の量が多くなりますので、もしかして覚めないかもしれません。」と言われ、ビビりました。

ふぅちゃん、明日おうちに帰ってきたら思いっきり甘えてね(^_-)-☆

No title

体力、気力、年齢、全てよーく分かります。
もしまた、幸の次にコーギーを迎えるとなると年齢的等いろいろと考えてしまい 躊躇せざるをえません。
責任をもって最期まで面倒を見るべきだから。
大切な命ですもの。

幸は避妊手術をする前に 子宮に水のたまる病気にかかり子宮、卵巣を、摘出しました。

早い時期に避妊手術をした方が、お乳の病気にもかかりづらくなるといいますよね。幸には早くしてあげていたらよかったなと思いました。
一昨年前には、腫瘍もできてしまい、、、、、。あ〜何で早く避妊をと後悔しました。

お薬のおかげで二年たち再発もありません。人でいうと十年再発なしということです。

ふぅちゃんの今後の体のことを考えると、今回されて良かったと私は思うのですが。
長々と 幸のことを書いてごめんなさい。

偶然です

 こんばんは、ふうちゃんはもう避妊手術を受けたんですね。
無事に終わってホットされていると思います。
 実は偶然なことにうちのチワワ姉妹の駒子ちゃんも20日に避妊手術をしました。それが、もう7歳なので、いろいろと検査をしてからの手術でした。

 我が家も駒子たちのどちらかの子どもをと思い、こんな遅くなってしまいました。こんな小さい子(体重2.7キロ)が手術なんて心配で倒れそうでしたが、なんとかこちらも無事に終わりました。

 ちなみに姉妹の富士子はまだです。
 さらに言えば、コーギー犬も7歳ですが、まだ去勢していません。体に良くないので勧められています・・・。でも、悩んでいます。
プロフィール

あずき家

Author:あずき家

岡山県生まれ
リトル・エルフ・ケネル出身
両親はキッドと真珠 
今は兵庫県の南の方
ドッグランが大好きな
超お転婆コーギーです
2014年6月4男5女を出産
長女のふぅ四女のひなと
賑やかで大騒ぎの楽しい毎日

明日も来てなー    応援してよーっ
いくつになったの?
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事+コメント
あずきのお友達    短縮して(*_ _)ゴメンヨゥ...
月別アーカイブ
カテゴリ
PV
性格傾向診断
バイオリズム診断ブログパーツ
メールフォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ご来訪多謝
ケンミンショー!!

ジオターゲティング