FC2ブログ

赤い花

もう半世紀も前のこと 小学生の高学年のころ
たまたま庭に私と母とふたり

母が
見てみいな 木瓜(ぼけ)がきれいに咲いとるがな

例えば椿 深い緑の葉の中に真っ赤な花 そばまで行けば形がわかる 形がわかって葉と花を判別できる そのあと色が違うことを脳が理解する そんな順序 けれど離れたら緑一色

私はちょいとばかり赤と緑が判りづらい なぜそうなのかその遺伝的なメカニズムを詳しく知るのはもっとあとのこと だけどそのころは私は自分の目のことを知っていた そして母がそのことをひどく気にしていて自分を責めるようなことも口にするもんだから

どうやらこれはおかあちゃんのせい とうっすら感じていた だから目や色の話は母親の前ではしてはいけないと思っていた 困ったそぶりもましてや恨みがましいことも 母親の前では言わない もうそれは絶対に と強く心に思っていた

ほんとはちょっと不便していた 写生のときなどどれにどの絵の具を使えばいいのかさっぱり 身体検査の色覚検査で私だけが数字が読めなかったりみんなが読めないのに私だけ大きな声で得意気に読み上げて恥ずかしかったり あとで知ったことをざっくり要約すれば

その因子は母親が持ち一定の確率で男の子どもに症状が出る・・・遺伝の事だから母親に責任はないけれど母親はやっぱり責任を感じるのだろうし その知識を得てからは尚更におかあちゃんの前では絶対言わないと それはもう死んでも口にしないと決めた

そして あの時の庭
見てみいな 木瓜がきれいに咲いとるがな

私はうっかり ほんとにうっかり
なんでよ 葉っぱばっかりやんか

そう言ったあとで うん? ほんまは咲いてるんか? と思い
歩み寄って形がわかったらほんとに真っ赤な花

しまった と思った 聞こえたやろか 聞こえたやろなと思いながら
無理やり明るく たぶんそれはわざとらしく
ほんまや きれいに咲いとるなぁ

こんな一瞬のやりとりを50年経ってもまざまざと覚えている
こんなに時間が過ぎても忘れられないのが私は辛い

ほんまや きれいやなぁ と振り返ったけれど
うまくごまかせてないことはわかっていた

葉っぱしか見えなかった私 そして そうと知っていながら不用意なことを言った母 子ども心に私は私を責め 母も あぁそうか この子はそうやったなと思ったに違いない

そのときの母親の顔 泣いてるような笑ってるような
すぐに向こうを向いて行ってしまったけれど

あのときのあの一瞬の母親の顔
語彙の乏しいあの頃から50年

今知ってる言葉で表せば
謝罪 後悔 自責 憐憫・・・

もっとある いっぱいある
おそらくそのどれも正しく
どれほど用いても表しきれない

6年前 ひょんないきさつから母親と半年暮らした
あずきは膝の上が大好きだった
娘は嫌な顔ひとつ見せなかった
妻は甲斐甲斐しく世話をしてくれた
私は母親と暮らせてただ嬉しかった

VSC_5705.jpg

VSC_5655.jpg

VSC_5436.jpg

私はこの人のお腹から生まれた 育ててもらった
大事にされた 愛されたという実感が確かにある

笑顔は優しかった 怒ったら怖かった 働き者だった 親父とよく喧嘩をしていた ふたりでしょっちゅうドライブに行ってた 目が覚めて朝刊運びを理由に障子を開けたら ここおいでと布団を上げてくれてクスクスと潜り込んだ母親の胸は温かかった 長男が生まれたときも次男のときも親父とふたり病院へ飛んできてくれた 娘のときはてっきり今度も男の子と誰もが思っていたからびっくりしながらそれは喜んでくれた やがて

私は仕事に妻は育児に追われ自分たちのことでいっぱいいっぱい 親のことどころではなく ようやくそろそろと思ったときに親父が・・・

子どもたちには常々言っている 親のことなんか気にせんでええ 親に返そうなんて思わんでええ 親からしてもらったことを子どもにしてやんなさい ワシらはそれでええ それで充分

それはそう思う 心底思う 子どもの迷惑になるくらいなら姥捨て山に身を投げる けれど私は・・・私はそうはいかない 母親のことをそうは思えない 早くに家を出た気楽な次男のくせして 大した親孝行などなんにもしてこなかったくせして 気持ちだけはそう思う

ときどき

立ち止まって省みる 私はどうだろうか
恩返しとか親孝行とか どうなんだろうかと
都合よく言い訳にして逃げてはいなかったかと

いつになってもいくつになっても
恐る恐ると怖々と 心密かの自問ばかり

答えは風の中 ほんとにそう思う そして
多くのことは 気がついたときは遅かったりする





おかあちゃんの泣き笑いの笑顔に久しぶりに出会ったら
いろんなこといっぱい思い出してしまった
にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
にほんブログ村
 
スポンサーサイト

テーマ : かわいい♪コーギー
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

コメントありがとうございます~♪

v-22 オリーブさん
今日は母の日ですね~
いくつになっても母は母。
私の母はとっても元気ですが耳が遠くなって
以前のように電話で何でも話せなくなりました。
補聴器も電話では威力を発揮できず…
なので、バビューンと車を飛ばして会いに行ったりしています。
元気なうちにシッカリ親孝行しとかないとですね。

夫の母…まだまだ手の力はつよ~いです。
きっとまだまだ長生きしますよ!

v-22 幸ママさん
きっとどれだけのことをしても後悔はするんでしょうね。
今になって、あの時あんなこと言ってたなぁと
思い出すことがたくさんあります。
あの時にはわからなくても今ならわかります。
子どもたちもきっとそうなんだろうと…
親の愛は無償ですね。

あずきとふぅ、今は前のように自由に会うのは難しいです…
会わせたいんですけどね。

v-22 とわ父さん
どんな顔の息子でもお母様はうれしかったと思います。
いや…そんな時こそ会いに行くのがよかったのかも。
母の立場で言えば…
息子の負担やお荷物にはなりたくない
それでも時間がゆるすのならば顔が見たい。
ず~っと一緒に暮らしていたお母様ですから
きっと性格もよくわかっていらしただろうし
顔を見ただけで心も見えていたかもですね~~

彩度やコントラストのこと…
夫は素直に聞いていたのだと思いますよ。
お気遣いありがとうございます!

新聞の切り抜き

施設の母に会いにいくときは、悩んでるときとか困ったときが多くて、ぼくの顔が沈んでいたのかもしれません、その時は気がつきませんでした。
自宅に帰ってくるたびにアルバムを全部出してきて、古い写真を眺めたり、入れ替えたりしていて、亡くなってから気がついたのですが、新聞の切り抜きが貼ってありました。「息子を追い詰めた介護」っていう見出しで
何もしてあげられなかった。。。っていうのがそれでよかったんだって思ったことは一度もなかったけど、この切り抜きを見たとき、肩を落として会いに行ってたんかな、、、って思います。

あと、いつかブログの写真で彩度とコントラストが強いと思います、って撮影会のときにコーヒーを飲みながら話したことがあって、それを思い出してました。失礼、無礼をお許しください。

おっしゃる通り
親にしてもらったことを我が子にしてあげる
ホントそうですよね。
私は父、母亡くしていませんが
今は、こんなことしてあげれば良かったなど後悔はたくさんあります。
でも思い出す父母の顔は笑顔だけですね。

あずきちゃん
お母様に会えるのでしょうか?
会って触ってもらえると良いですね。

おかあちゃん って おおきな存在ですよね
私のおかあちゃんは2年前に亡くなってしまいました。でも 時々 おもいっきり会いたくなるんです。話を聞いて欲しくなるんです
そんな時 つながるはずのない 電話番号を
ダイヤルしてしまいます。
いくつになっても、いつまでも おかあちゃんって大好きですよ。
今は おかあちゃんのこと思うと、涙が出ます。会いたいなぁ です。
プロフィール

あずき家

Author:あずき家

岡山県生まれ
リトル・エルフ・ケネル出身
両親はキッドと真珠 
今は兵庫県の南の方
ドッグランが大好きな
超お転婆コーギー

2014年6月4男5女を出産
長女のふぅ四女のひなと
賑やかで大騒ぎの楽しい毎日

2017年11月5日 ひな永眠
3年と4ヶ月と15日
生まれてから1234日

明日も来てなー    応援してよーっ
いくつになったの?
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事+コメント
あずきのお友達    短縮して(*_ _)ゴメンヨゥ...
月別アーカイブ
カテゴリ
PV
Amazonでお買い物
性格傾向診断
バイオリズム診断ブログパーツ
メールフォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ご来訪多謝