長谷寺

室生寺をあとに 長谷寺へ の前に

この前夜のお泊り最後の夜の夕食作りのお手伝いの様子を

メニューはハッシュドビーフ ゆあのお尻の汚れは
夕方散歩の公園のすべり台で遊んだ勲章

SSS_6852.jpg

一加もお手伝い

SSS_6854.jpg

おう 男子厨房に入るべからずか

SSS_6853.jpg

ひとりくらい怖い人がいてもいいでしょう その
損な役回りは子どもが小さい時から私が買ってきました

怖いおとーさんと優しいおかーさん またある時は
黙って見てる父親といちいち口うるさい母親

役割分担 父と母の阿吽の呼吸・・・というわけで
私が睨みを効かす前で賢く完食 はい よくできました と
おしっこが漏れるほど誉めちぎります 犬と一緒
と言ったら叱られるでしょうか

SSS_6856.jpg

さて 長谷寺 ぼたんまつりはこの日まで
室生寺の奥の院 息も絶え絶えに戻ってきたら
妻は知らないおばさんと日陰のベンチで歓談
なんでもここへ来る前長谷寺にお参りしたらしく
ぼたんは盛りを過ぎてクターとしてたんだとか

ともあれ道草が過ぎました 急ぎましょう

というわけで 長谷寺 ここは犬はNG
駐車場の日の当たらない隅っこ 車で留守番です

SSS_6974.jpg

SSS_6976.jpg

ところどころまだ頑張っていました

SSS_6980.jpg

妻の膝の悲鳴が聞こえるようです

SSS_6984.jpg

カシャリカシャリ撮ってる間にずいぶんと差を開けられました
リュックのお父さんの右上です
 
SSS_6985.jpg

着きました 妻は早速 その間私はあちこちカシャリカシャリ

SSS_6986.jpg

ほんまほんま たのんまっせ

SSS_6987.jpg

午前中は長蛇の列だったとか

SSS_6990.jpg

ミツバチさんも忙しそうです

SSS_6992.jpg

この右側に10mを超える大きな観音さま

SSS_6995.jpg

膝に爆弾を持つ妻

SSS_6997.jpg

目はお伝えしてきた通り

SSS_6998.jpg

五重塔はパス 下りましょう

SSS_7001.jpg

SSS_7002.jpg

このあと談山神社 あわよくば橿原神宮と思ってましたが
残念ながら時間切れ 出直しましょう
紫陽花の頃にしましょうか紅葉の頃がいいでしょうか

SSS_7004.jpg




慌ただしくもハードに過ぎたゴールデンウィーク
やはりどこかビシバシと疲れが・・・なのに

前回の爆釣に気をよくして昨夜も夜釣り さらに
倍ほどの大爆釣で大忙し それは良かったのだけれど

鼻水鼻づまりでくしゃみは止まらず
喉はイガイガ 鼻の奥はヒリヒリ どうやら

黄砂アレルギー 今日も絶不調 のど飴が切らせません
今はそれら全部に加え頭痛も
にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
にほんブログ村
 


おや 今夜は犬が登場しなかったか
やっぱり犬ブログですから 唐突ですが

今朝の7時 連日のお出かけ疲れか寝るのが仕事か

SSS_7005.jpg

ひなはきっと疲れたでしょう おまけに快晴らが寝かせてくれなかったから睡眠のリズムがすっかり狂い なもんだから食のリズムもとっちらかって見てもわかるほどさらにガリガリのやせっぽち 力強さもなくなったみたいでなんだか心配でちょいと反省で見守ってきましたが 昨夜明け方ごろによく食べてバリケード内を元気に走り回ってやれ安心

3匹一緒に の想いは変わりませんがほどほどにしましょう
これから暑い季節 ひなだけ留守番で夜に備えてゆっくり昼寝

ってのも選択肢に

SSS_7006.jpg
 
スポンサーサイト

テーマ : かわいい♪コーギー
ジャンル : ペット

室生寺

ゆあと快晴を大阪の次男家に そのまま奈良へ

一加を無事送り届けて さあ 私たちと3匹でお出かけです

ほんとは12時ごろにはすべて終えてるはずでしたが

あちこちグズグズ なんと2時前 急げー

というわけで 室生寺


「仁王門」 左の授与所ではさっそく妻が御朱印・・・

SSS_6858.jpg

「鎧坂」

SSS_6863.jpg

「金堂」

SSS_6871.jpg

もうすぐ改修工事に入る 「弥勒堂」

SSS_6876.jpg

奥に本堂の屋根だけ

SSS_6879.jpg

あちらこちらで座らせてカシャリカシャリ
しばしば中断を余儀なくされます そのわけは

SSS_6882.jpg

可愛いでしょう どうぞどうぞ なんて気持ちは微塵もないけれど
こうもガッチリ構えられたら引き続き座らせて私は離れるしかなく

SSS_6883.jpg

「本堂」

SSS_6888.jpg

左の本堂で妻が御朱印をもらってる間 私はあちこち撮影タイム

SSS_6901.jpg

「五重塔」 屋外に立つ塔では日本最小のそれは可愛い・・・

SSS_6895.jpg

この塔の左側を進むと奥の院があるのは知っていました 以前あずきと来た時に上まで上がって どちらかといえば普通に健脚自慢の私が生まれて初めて途中で引き返そうかと断念しかけたそれはキツい石段 なもんだからこの日も上る気なんぞさらさらさく ところが本堂で御朱印をもらい終えた妻が聞きつけてきたその内容は

500段の石段を上ったら奥の院があってそこの御影堂に祀ってある弘法大師像が今日まで公開されてて 御朱印ももらえてけれどあと30分で閉まる・・・いやいや 俺は行けてもお前は無理・・・と言いかけた私を無視して話は続き

おとーさん行ってきてよ 私ここで待っとくわ 

そうか そういうことか はいはい 行かせてもらいます・・・

ショルダーバッグを置いて靴の紐を締めなおして
御朱印帳は汚れぬように袋に入れてカメラも持って

もしかしたら現世の見納め 五重塔をカシャリ

SSS_6905.jpg

はいはい 頑張りますよ

SSS_6910.jpg

だ 大丈夫か私 生きて帰れるのか

SSS_6911.jpg

ここらあたりはまだまだ普通 この奥の
赤い無明橋を渡ると世界が変わります

SSS_6912.jpg

さあ 行きますか

SSS_6913.jpg

たちまち ハァハァ ゼェゼィ ちょいとひと休み

SSS_6914.jpg

給水タイム

SSS_6915.jpg

さあ もうひと踏ん張り

SSS_6917.jpg

ヘロヘロで上り切って右折 えー まだあんのかー

SSS_6919.jpg

さすがにこれが最後やろーと上って左折 

ギョエー ま 短くて幸い

SSS_6920.jpg

着きました ちょ ちょっと休憩・・・

SSS_6928.jpg

御朱印をお願いするとき若いお坊さんに

ここは別のルートがあるんですか?
いえ ありません
じゃあ 毎日この石段を・・・
はい 毎日あの石段を上がります

おつとめごくろうさまです

御影堂の扉が開いててその奥に
それはありがたい弘法大師像
撮影禁止だったからここからカシャリ

SSS_6930.jpg

さあ ようやく息が整いました 下りましょう

上りはキツかったけど下りは怖い
足を滑らせたら転げ落ちます
手すりをしっかり 一段一段踏みしめて

やれやれ 無事に戻って来れました

SSS_6939.jpg

で 妻に御朱印帳を返却 妻はいざ知らず私には汗の結晶です

SSS_6945.jpg

さ 急ぎましょう 思わず時間をかけ過ぎました
まだこのあとみっつほどほど廻りたいところが

SSS_6947.jpg

そこへ団体さん 次々に撫で繰り回されて進めません

SSS_6958.jpg

いっぱい撫でてもらえましたがなんたってここは室生寺 参拝客の平均年齢は結構なもの 失礼を承知で心のうちを明かせばとっても写真を撮る気にもならず ようやくこのバスガイドさんでカメラを構える気に(笑)

SSS_6953.jpg
※ どうか炎上騒ぎになんぞなりませんように

SSS_6959.jpg

SSS_6961.jpg

SSS_6966.jpg

SSS_6973.jpg

室生寺でのラストショット 

SSS_6972.jpg




次は 今はぼたんが花盛りの寺・・・
にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
にほんブログ村
 



テーマ : かわいい♪コーギー
ジャンル : ペット

妻と一加の目が大変なことに

一加と風梨を迎えに奈良へ 帰り道 おふさ観音で御朱印
但し 私は風梨を抱っこしてたので写真はなし

ちょいと移動 當麻寺(たいまでら) 

DSC_0103.jpg

スマホで撮ったから画質とシャッターチャンスは仕方ない

DSC_0109.jpg

DSC_0128.jpg

DSC_0119.jpg

DSC_0132.jpg

DSC_0137.jpg

DSC_0139.jpg

で今夜の表題 妻と一加の目・・・

2日火曜日のこと ふたりで庭掃除 小さい虫が
いっぱい飛んでいたのは気になっていたらしく

刺されたか噛まれたか 翌朝
起きたらとんでもないことに

けれど急なこと しかたありません その怖い目のまま奈良へ
風梨が怯えたりして なんて笑う間にも症状はさらにヒドく

写真撮らせてくれ
あかんわ
ぜひブログに みなさんにプレゼント 魔除けの札に
あほか

で 奈良 おふさ観音と當麻寺に寄って帰りついて
デッキで遊んだり庭に下りたり で

4日朝 なんと一加も

SSS_6746.jpg

しかも同じ左目 とりあえず目薬
やがて時間の経過と共に次第に快方に

で 妻のお岩さんのような目
見る勇気があなたにあるか
 

続きを読む

テーマ : かわいい♪コーギー
ジャンル : ペット

続続・冬の京都をちょいと早足

【高台寺】

秀吉の死後 正室のねねが菩提を弔うため 
徳川家康の全面的な支援を受けて建立した寺院

SSS_3071.jpg

SSS_3080.jpg

SSS_3088.jpg

SSS_3089.jpg

SSS_3093.jpg

遺芳庵(いほうあん)

近世初期の茶人・灰屋紹益が夫人の吉野太夫を偲んで建てたもの 
壁一面の大円窓は「吉野窓」と呼ばれ よく見ると
窓の下部分が少し切り取られています 

完全な円は仏教でいうと完成した悟りの姿なのですが 
この窓に完全ではない自分の姿を映し自らを戒めていた・・・
のだそうです

SSS_3095.jpg

観月台

創建当時そのままの建物 ここでねねが月を観ていたかと思うと
なんだかどきどきしてきます

SSS_3096.jpg

開山堂

これも創建当時そのままの建物 秀吉が使っていた船と
ねねの御所車の遺材を用いたと言われる天井に 
金地に極彩色で四季の草木が描かれていました 残念ながら撮影禁止

SSS_3097.jpg


撮影禁止だったので写真はありませんが 秀吉とねねの木像が寺内ねねの墓所でもある「霊屋(おたまや)」に置かれ公開されていました 寺の創建とほぼ同時に作られたものだそうです いちばん奥に置かれていたので正確な大きさはわかりませんでしたが遠目にかなり小さな木像 スタッフのお兄さんがちょいと説明してくれて なんと等身大だという・・・いやいや いくらなんでも小さ過ぎるやろうと問い返しても いえ 等身大 と言い張る

帰ってきてから調べたら 秀吉像は高さ約60cm ねね像は高さ約50cm 座像だから単純に2倍しても推定身長は120cmと100cm
いくら昔の人とはいえさらには小柄だったとはいえ 等身大はないやろう・・・

さ 先を急ぎましょう 来るとき横目に通り過ぎた石畳の急坂を下りたら

SSS_3098.jpg

ねねの道

SSS_3100.jpg

少し歩いたら知恩院 この時 時刻は4時半

SSS_3101.jpg

なんだかひと気がないからガードマンさんに訊いたら
すいません 4時までなんです・・・

SSS_3102.jpg

ありゃりゃ ってなもんですがしかたありません
来た道をUターン だったらせめて八坂神社・・・

しかしここも 境内は入れたものの御朱印の受け付け等々
窓口は全部白いカーテン

SSS_3103.jpg

しかたありません 手だけ合わせて・・・

SSS_3104.jpg

西楼門をくぐって

SSS_3106.jpg

四条通に出て

SSS_3107.jpg

だって ずいぶんと歩きました ちょいと疲れました
なにか甘いものでも と入ったお店で

私は抹茶とお団子

SSS_3108.jpg

妻はぜんざいとわらびもち

SSS_3109.jpg

体力も集中力もけっこうなへとへとぶり
最後の一枚がヒドいピンボケで残念

北野天満宮とか平野神社とかも併せて
梅の頃にでもリベンジでしょうか


生活発表会から冬の京都仏閣巡りまで長々とお付き合いいただきありがとうございました 明日は反転西へ 雪遊びの様子をお届け予定・・・





どこ行っとんたんやー
お腹すいたでー
ソファ かじらんかったでー
にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
にほんブログ村
 

テーマ : かわいい♪コーギー
ジャンル : ペット

冬の京都をちょいと早足

【清水寺】

せっかく大阪まで来てるし犬は留守番させてるし
だったらいつもの犬連れでは行けないところ

京都がいいな 嵐山にしようか 京料理でも
ところがググったら定休日 だったら清水寺辺り

八坂神社近くの市営のパーキングに入ったのが午後二時
あちこち閉館の時間も気になるし日が落ちたら写真が撮れない
さ 急がなくては とりあえずいちばん遠い清水寺へ

SSS_2985.jpg

ねねの道から左手を見上げると・・・

SSS_2991.jpg

写真では緩やかに見えますが実際はかなりな上り
けれど 高台寺は帰りに寄るつもり つまりは
お参りを終えてこの坂を下りてくる段取り だいいち
こんな急な石段 上がる気力も体力も

八坂の塔 ほんとはもうちょい下がって撮りたいところ
気が焦るし 後方 人がいっぱいでそれもままならず

SSS_2992.jpg

この塔の下を右へ曲がると三年坂に合流 たぶんそれが正しい行き方 ところが私が一本違う筋を行ったもんだから妻が そっちやないこっちや こんな車が通る道行ったって楽しくない とぶつくさ言うも私は内心 二年坂や三年坂は行きの上りより帰りに下りながら散策したほうが良いに決まってる・・・

シーズンオフ 平日 なのにすごい人
日本語がほとんど聞こえてきません

SSS_2995.jpg

仁王門 右の西門は工事中でした

SSS_2996.jpg

SSS_2999.jpg

仁王門から振り返ると

SSS_3000.jpg

三重塔

SSS_3003.jpg

SSS_3008.jpg

SSS_3009.jpg

出世大黒さん

室町時代から伝わるそうです お賽銭をぶつけられて漆が落ちて数年前まで傷だらけだったそうです 塗り直されてこの時は黒光りしてました

SSS_3010.jpg

SSS_3016.jpg

地主神社 用はないのでスルー

SSS_3020.jpg

子安の塔 ここも用はないしだいいち遠いし

SSS_3022.jpg

私の楽しみはカメラ 妻は・・・

SSS_3026.jpg

新たに御朱印帳 だって清水寺オリジナル

SSS_3027.jpg

それがこれ

SSS_3249a.jpg

奥の院から見る本堂

SSS_3030.jpg

もういちど本堂にもどってお祈り たぶん きっと 

ふたりの孫を見てきたばかり もうふたりの孫 三人の子ども 母親 それから ひな ふぅ あずき・・・おいおい まだか? と思うくらい手を合わせていましたが そこは賽銭箱からずいぶんと離れた場所・・・
 
SSS_3031.jpg

長い石段を下りたら

SSS_3033.jpg

音羽の滝 妻が手を洗うところを撮りたかったのですが長蛇の列 んなの待ってられません せめてとばかり着物のお姉さんの番が来るまでしばし待機 

SSS_3037.jpg

その間 後ろで御朱印をもらう妻

SSS_3038.jpg

辺りはだんだんと薄暗く 

SSS_3039.jpg

さ 急ぎましょう




ポチ祭やでー
ポチ祭でっせー
ポチ祭でおまっせー
にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
にほんブログ村
 


追伸

今日は節分 恵方は北北西 黙ったまんま巻き寿司を一本
豆は撒きません 妻がポリポリ お面が欲しくて買いました

SSS_3264.jpg

SSS_3255.jpg

SSS_3257.jpg
 
 

テーマ : かわいい♪コーギー
ジャンル : ペット

プロフィール

あずき家

Author:あずき家

岡山県生まれ
リトル・エルフ・ケネル出身
両親はキッドと真珠 
今は兵庫県の南の方
ドッグランが大好きな
超お転婆コーギーです
2014年6月4男5女を出産
長女のふぅ四女のひなと
賑やかで大騒ぎの楽しい毎日

明日も来てなー    応援してよーっ
いくつになったの?
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事+コメント
あずきのお友達    短縮して(*_ _)ゴメンヨゥ...
月別アーカイブ
カテゴリ
PV
性格傾向診断
バイオリズム診断ブログパーツ
メールフォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ご来訪多謝
ケンミンショー!!

ジオターゲティング